相模原は工務店が比較的多いところです。地元の施工会社が多いことは、住宅を建てる選択肢が広がります。地元の施工会社の良さは、大手住宅メーカーとの比較において顕著になります。表面的な耐震性、省エネ性、バリアフリー性などの性能は、地元の施工会社と大手住宅メーカーでは差がありません。気の利いた営業担当者がいるのは大手住宅メーカーです。新たな商品を開発し、顧客の関心を誘うマーケティングの能力も、大手住宅メーカーが秀でています。地元の施工会社が大手住宅メーカーよりも優れているのが、価格の安さと建物の耐久性です。大手住宅メーカーは、気の利いた営業マンや、デザインセンスの良い設計者をかかえている分、経費がかかり、価格が高くなります。建築後50年を経た建物の姿は、両者に圧倒的な差が付きます。

住宅の価格が決まるまでの大まかな流れ

相模原の現場で実際に住宅を建てるのは、それぞれの職種に分かれた職人です。地元の工務店に依頼しても、大手住宅メーカーに依頼しても、最終的に工事を行うのが職人であることには変わりはありません。大手住宅メーカーは職人を雇用せず、全てを外注します。地元の施工会社も大工以外の職人は外注により調達します。地元の施工会社も大手住宅メーカーも、職人の調達コストはほとんど変わりません。材料費は地元の施工会社も努力しているものの、大手住宅メーカーの工場での大量生産や大量調達には及ばない面もあります。会社の経費は、大手住宅メーカーが高く付きます。それらを総合的に勘案すると、同じ工法の場合、工事費は地元の施工業者が若干、安くなります。低価格が売りの住宅メーカーは、見えない部分の品質を落としているので、低価格が可能です。

住宅の基本的な性能を比べる方法

相模原で住宅を建てる場合、地元の工務店と大手住宅メーカーが建てる住宅の基本的な性能の差は、耐久性となって現れます。建築物に限らす、物づくりにおいて、物の良し悪しは、長く使い続けられるかどうかで決まります。建築当初は抜群の耐震性を誇る2×4工法も、50年後には建物が存在しているかどうかも怪しいところです。軽量鉄骨造のプレハブも、50年を超えて建っていることはありません。相模原の工務店が建てる、瓦葺の木造軸組み工法の家は、条件が悪くなければ、100年を超える耐久性を示します。大手住宅メーカーの建てる住宅が100年持たないのは、材料を節約しているからです。2×4工法は柱を使わず、細い木材と合板でつくられたパネルでできています。軽量鉄骨造の鉄骨の厚さは、必要最小限のものです。

ドリームハウスをコンセプトにした様々な対応が可能です。 四季に合わせた素材を使うことで断熱効果をUPさせています。 厚木市や藤沢市、 鎌倉市などガレージ付きの施工実績を写真と共に説明しています。 神奈川県にある本社だけでなく、横浜にも事務所を構えています。 収納を幅広く使いたい!インテリアをおしゃれにしたい!など参考になる写真を多数ご覧いただけます。 相模原でお家づくりは工務店「ビルドアート」